どっちがお得?残価設定ローンとカーリースの違いとは

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/20


大分でカーリースを検討している方、残価設定ローンとカーリースの違いをご存じでしょうか。車の使用手段は多様化し、購入以外の方法がとられることも珍しくありません。この記事では、残価設定ローンとカーリースの違い、どちらを選択すべきかについてアドバイスしていますので、参考にしてみてください。

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、一定期間車を使用した後に売却することを前提に、売却価格を設定し、その価格に達するまでの金額を毎月ローンで支払う制度です。自動車メーカーや販売会社が提案するプランであり、設定した期日が到来したら車を返却することになります。

カーリースとは

カーリースとは、一定の代金を毎月支払うことで車を使用できるようになる制度です。リース会社が提案するプランであり、契約期間が終了したら車を返却します。

残価設定ローンとカーリースの違い

残価設定ローンとカーリースは、購入やローン購入と比較すると、どちらも月々の支払額を低く抑えて車を使用できる便利な制度です。制度の利用者は車の使用者となりますが、所有者ではない点は残価設定ローンとカーリースともに同じです。では両者の違いはどこにあるのでしょうか。

契約先が違う

残価設定ローンの契約先は自動車メーカーや販売会社です。

一方、カーリースはリース会社と契約を結ぶことになります。

選択できる車は、契約先で扱っている車に限定されます。残価設定ローンを利用できる対象は、自動車メーカーや販売会社で扱っている車種に限られ、他メーカーの車は選択できません。カーリースを利用できる対象はリース会社で扱っている車であり、多くの場合複数のメーカーから選択することが可能です。

コストが違う

残価設定ローンには、月々の支払に加え、税金や車検の費用、メンテナンス費用が別途かかります。カーリースには、月々の支払のなかに、自動車の維持に関わる費用が含まれています。税金や車検料も含まれることが一般的で、メンテナンス費用も含むこともプランによっては可能です。

任意保険が違う

残価設定ローンでは、車の購入と同じく、別途任意保険に加入する手続きをとる必要があります。カーリースでは、プランに左右されますが、利用者が別途任意保険に加入するか、月々の支払の中に任意保険の料金を含めるかを選択します。

中途解約の扱いが違う

残価設定ローンでは、基本的に中途解約という考え方がありません。あらかじめ設定された売却価格までのローンを完済するまで分割払いするか、または一括で支払う必要があります。カーリースでは、リース会社の承認があった場合に限り、中途解約が可能です。中途解約の場合には中途解約金が発生します。

中途解約金の内訳は、基本的に契約期間までの残りのリース料です。中途解約金は基本的に一括で支払うことになるため、契約してすぐに中途解約を行うと、高額な中途解約金を支払うことになるため、カーリースの契約と中途解約を行う際は慎重に考える必要があるのです。

どっちがお得?使いやすい?

残価設定ローンとカーリースにはそれぞれメリットがあるため、ライフスタイルに応じて使い分けるのが賢い利用方法となります。ここでは残価設定ローンとカーリースのお得な使い方をご紹介します。

残価設定ローンがお得になるタイプ

残価設定ローンは、車を3年程度の短期で乗り換えたいタイプの方におすすめです。残価設定ローンはあらかじめ決められた期間まで使用したら売却することを前提とする契約であるため、月々の支払を低く抑えることが可能です。

また、任意保険やメンテナンス方法を安く抑えられるプランを自分で用意できる方は、残価設定ローンを使用する方が、メリットがあります。買い換え頻度が長い方には向かない制度であるため、注意しましょう。また、売却予定額を支払うことで車を買い取ることもできるため、車を購入予定がある方は目当てのメーカーの販売店で残価設定ローンを選択するべきです。

カーリースがお得になるタイプ

カーリースは、月々の支払を一定にして、追加費用を支払いたくない方におすすめです。追加の税金や諸経費がかからず、予期せぬ出費が発生しないため、月々の出費が分かりやすくなり、家計のキャッシュフローを予測しやすいことがメリットとなります。中途解約金が大きな負担になるため、買い換え頻度を長期で考える方はカーリースを選択するべきです。

また、リース費用を会計上の費用として計上できるというメリットもあります。自動車の購入費を一括で費用として計上することはできませんが、カーリースの場合は毎月の経費として計上することが可能です。個人事業主がカーリースをうまく活用するとお得になります。

まとめ

残価設定ローンとカーリースの違い、お得な使い方について解説してきました。残価設定ローンとカーリースはとてもよく似ていますが、主に契約先と月々の支払にメンテナンス費用と税金が含まれるか否かが違います。車は日常生活において大変便利なものですが、所有者となる方法以外にも車を使用する方法はたくさんあります。残価設定ローンとカーリースのサービス内容を理解した上で、ライフスタイルに応じて選択、利用することで大きなメリットが生まれるのです。大分でカーリースを検討している方、必要に応じて残価設定ローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大分でカーリースを検討している方、残価設定ローンとカーリースの違いをご存じでしょうか。車の使用手段は多様化し、購入以外の方法がとられることも珍しくありません。この記事では、残価設定ローンとカ
続きを読む
近年、カーリースやカーシェアなど、車の乗り方が多様になってきました。そのなかでも、経済的負担が少なく、さまざまなメーカーの車種が選べるカーリースは人気です。そこで今回は、カーリースの審査につ
続きを読む
近年、車に乗る方法の一つとして、カーリースを選ぶ人が増えました。カーリースとは、月々のリース代を支払うことで車に乗れるサブスクリプションサービスです。今回は、そんなカーリースの契約時に必要な
続きを読む